кредит онлайн на карту не выходя из дома

機関誌「地球のこども」

天然蜂蜜商品の流通・販売が着々と進んでいます!

文:文責:佐藤秀樹(国際事業部チーフコンサルタント)

【事業名】バングラデシュ国スンダルバンスの沿岸流域保全を通じた零細蜂蜜収集人の生計向上プロジェクト(第2期)
【実施期間】2017年2月3日~2018年2月2日
【開催地】バングラデシュ・クルナ管区 スンダルバンス
【資金提供】日本NGO連携無償資金協力支援事業(外務省 国際協力局 民間援助連携室)
【協力団体】バングラデシュ環境開発協会(BEDS)等

採取量・売上が着実に増加拡大

バングラデシュ・スンダルバンスでの天然蜂蜜採取事業がスタートとして、2年が経過しました。この第2期の事業期間の成果は、なんといっても組織化した天然蜂蜜採取協同組合員(50世帯)の生計が大きく向上したことです。

その理由は、前年と比べると蜂蜜採取量が5%(本事業前との比較では10%)増加したことや、開発した天然蜂蜜商品のマーケットが拡大したことにより総売上が前年よりも約4.2倍(本事業前との比べると約5.7倍)になったことが大きく寄与しています。

採取量の増加については、組合が蜂蜜の採れる場所の地図を作り、戦略的に採取できるようにしたこと。また、蜂蜜の販売では、バングラデシュ全国にある市場、商店、ホテルやツーリズムスポット等22箇所に商品を配置できたことが、蜂蜜採取人の生計向上に寄与しました。

商店での販売

また、テレビのコマーシャル放映(5件)、プロモーションビデオやパンフレットの開発を行って企業、ビジネスセンターやお店で紹介する等、対象とする国内の富裕層・中間層や観光客への周知徹底を図ってきたことも、売り上げの増加につながりました。

生計向上でモチベーションアップ

天然蜂蜜採取協同組合(50世帯)の生計向上が着実に実現されてきた中で、彼らの天然蜂蜜ビジネスに対するモチベーションも高まり、組合員からは更なる市場拡大を展開していきたいとの意見が多く聞かれています。

スンダルバンスの森を守ることが天然蜂蜜の持続的な採取へつながるため、この期間では、隣接する43の中学校の生徒、教師や保護者による、マングローブ5千本の植林活動や、開発した環境教育教材(読本、ポスター等)の普及啓発を行ってきました。

中学生等による植林活動

本事業の最終年となる今年は、天然蜂蜜の顧客からの信頼構築とブランド化の定着を図り、組合が自立してビジネス化を図ることができるかどうかが大きなカギとなります。

  天然蜂蜜採取量(50世帯) 総売上(50世帯)
事業実施前 4,050 kg 911,250タカ
(1,208,317円)
事業1年目 4,278 kg 1,229,925タカ
(1,630,880円)
事業2年目
(2018年1月31日時点)
4,499 kg 5,197,760タカ
(6,892,229円)

※ 為替は1タカ=1.326 円で算出

2018年5、6月号

カテゴリー

最新の記事