кредит онлайн на карту не выходя из дома

機関誌「地球のこども」

全体会で 記念イベントにチャレンジ 清里ミーティング30th

文:川嶋直 30回目の記念のミーティングは、主催者企画の全体会で、次の2つの記念イベントにチャレンジしました。

  1. 清里ミーティング30回をふりかえるスライドショー
  2. 日中韓スウェーデン環境教育比較研究

1のスライドショーは45分の長編となりました。30回のミーティングをふりかえるのではなく、第1回の清里でのミーティング(清里フォーラム)から今までの30年の日本環境教育フォーラムの足跡を、スライドと証言とで辿る構成としました。

当時を知る21人の方にそれぞれ1分間のコメントを頂戴しました。コメントを頂いた方から、古い写真の提供もしていただいて、渾身のスライドショーが出来上がりました。と自画自賛。

2の比較研究は、随分大層なタイトルですが、30年間環境教育をやってきた私たち自身をふりかえるためには、外からの視点が必要だと思ったのです。 幸い私たちには中国、韓国、スウェーデンの環境教育事情に詳しい友人がいました。

しかも彼女たちは、日本での生活歴も長く、日本語も堪能です。 リ・ヤンヤンさん(中国)、ウォン・ジョンビンさん(韓国)、レーナ・リンダルさん(スウェーデン)。

日本とそれぞれの国の環境教育事情に詳しい3人をパネリストに迎え、日本の環境教育への疑問などを出していただき、それに対しJEEF専務理事の阿部治(立教大学教授)が答えるという方法をとりました。

清里ミーティング概要はこちら

2017年1、2月号

カテゴリー

最新の記事