кредит онлайн на карту не выходя из дома

機関誌「地球のこども」

adidas×Parley スポーツの力を借りて海洋プラスチック汚染に対する意識を高める〜アディダスの海洋環境保護に対する取組み〜

Run For The Oceans

文:木村 直也(アディダスジャパン株式会社)

アディダスの信念は「スポーツを通して人生を変えること」です。その中でサステナビリティは重要な施策として取り組んでいます。

弊社ではオフィスでのプラスチック製ボトルの使用を禁止しました。ドイツ本社を手始めに、現在世界 75カ所のオフィスで禁止にしており、日本オフィスでも使用していません。

我々は消費者に、活動をもっと伝える必要性を感じ、具体的な何かに焦点を当てようと考え、消費者の身近な存在である「海」のプラスチックごみを削減する活動に着目しました。

海はサンゴの白化や海洋ゴミの問題など、危機が分かりやすいからです。2050年までに海洋生物の多くが絶滅するという科学的発表もあります。
アディダスは海洋ゴミ削減の活動をするNGO「パーレイ・フォー・ジ・オーシャンズ」(以降パーレイ)とパートナーシップ協定を結びました。

adidasのサスティナブルな企業としての評価

省資源やリサイクル素材への切り替えや、環境配慮製品の開発に長年取り組んできた結果、サステナブルな企業と認められるようになりました。

ESG(環境・社会・ガバナンス)の評価機関からも高い評価をいただき、2016 年の世界経済フォーラム(ダボス会議)では「世界で最もサステナブルな企業 100 社(グローバル 100)」の 5 位に選ばれました。

海洋プラスチックを利用したシューズを開発

2015年
パーレイとパートナーシップ協定
2016年
直営店でプラスチック袋を段階的に廃止。フランチャイズ店の多くも、紙袋に切り替え。
パーレイが展開する、海洋ゴミの回収を支援。
11月には海から回収したプラスチック廃棄物を粉砕してペレットにし、糸を作り、それを生地にしたユニフォーム(※1)や、その糸で編んだ生地を使用したシューズ「ウルトラブースト パーレイ」を発表。
2017年
このウルトラブーストシリーズを世界で100万足販売。
2018年
500万足を販売予定。

※1サッカーチームのレアルマドリードや FCバイエルンミュンヘンのユニフォームなど

このシューズ1足につき、およそ11本分のペットボトルが使われています。

海岸や海沿いの地域で海に流入する前に回収されたプラスチック廃棄物をアップサイクルして生まれたシューズ

海のために走る!Run For The Oceans

6月8日から7月8日にかけて、海のために走ることを目的とした「ラン・フォー・ジ・オーシャンズ」というランニングを通じた環境運動を実施しました。

この活動はアディダスが、ランニングアプリケーション(※2)を通じて、1kmごとの走行距離に対して1ドルをパーレイ オーシャン プラスチック プログラムに寄付するという活動です(上限100万ドル)。

※2 RuntasticというGPS機能を利用した、ランニングアプリケーション

Run For The Oceans

 

世界各地から100万人近くのランナーが「ラン・フォー・ジ・オーシャンズ2018」に参加し、 1240万キロ以上(地球を300周できる走行距離数)を記録しました。

活動を通じて調達された資金は、途上国の何千人もの子どもの教育を支援しています。そこでは、重要な生態系である海を保護するために必要なスキル、ツールや知識を培っていきます。

 

 

プラスチックの使用を減らすために私たちができること

私たちの普段の生活で、プラスチック製品を回避するための簡単な方法があります。例えば、

このように、いつもやっていることを少し変えることから始めてみてください。協力しあえば、悪循環を断ち切ることができます。
アディダスでは、海洋環境の保護に対する取組みを継続し「スポーツを通して人生を変えること」に取り組んでいきます。

 

木村 直也(きむら なおや)

アディダスジャパン株式会社アディダスマーケティング事業本部ブランドコミュニケーションアシスタントマネージャー
adidasウェブサイト「Run For The Oceans」

2018年9、10月号

カテゴリー

最新の記事