кредит онлайн на карту не выходя из дома

機関誌「地球のこども」

マイクロプラスチック汚染と使い捨てプラスチックの削減

文:高田 秀重(東京農工大学)

年間20億本のペットボトルが未回収

マイクロプラスチックはもともと、レジ袋、ペットボトルの蓋、使い捨て弁当箱、お菓子のパッケージなどのプラスチックごみです。ゴミ箱が溢れたり、風で飛ばされたりして、地面に落ちているプラゴミが、雨で洗い流され、川を流れて、最後は海に流れ着きます。

例えば、日本では年間200億本程度のペットボトルが消費されていますが、回収率は90%程度なので、年間に20億本程度が未回収です。未回収のものの一部が川や海へ出て、環境を汚染しています。

荒川河口ペットボトル

海を漂ったり、海岸に流れ着いたプラスチックは紫外線や波の力で、ぼろぼろになって、小さな破片、すなわちマイクロプラスチック(5mm以下のプラスチック)になります。マイクロプラスチックは海流等で流されて世界中の海に漂っており、その数は5兆個以上と推定されています。

太平洋マイクロプラスチック

 

最近、環境省が行った調査では、日本周辺の海域は世界的にもマイクロプラスチックが多く漂っている海域であることがわかりました。私たちが大量にプラスチックを使っていることがその原因の一つです。また、東南アジアの国々や中国などから、黒潮の流れに乗ってきたものの影響もあると考えられています。

魚貝にたまるマイクロプラスチック

海を漂うプラスチックの一番の問題は、生物が食べてしまうことです。海鳥やウミガメなど大きな海洋生物によるプラスチックの摂食は1970年代から報告されてきました。

マイクロプラスチックは、プランクトンと混ざって海の中を漂っていることから、二枚貝、カニ、小魚などに取り込まれ、現在では世界中の魚貝類から検出されています。

東京湾でもカタクチイワシやムール貝から検出されています。我々人間も、それらの魚貝類の摂食を通して、マイクロプラスチックを食べています。ただ、これらのプラスチックは排泄されてしまうので、マイクロプラスチックが検出されたからといって、魚を食べることを避ける必要はまったくありません。

しかし、これからマイクロプラスチックの量が増えると、それらに含まれる有害な化学物質による影響も懸念されます。有害な化学物質は、もともとプラスチック製品に加えられた添加剤であったり、プラスチックが周りの水の中からくっつけてきた化学物質です。

レジ袋、ペットボトル飲料コンビニ弁当をやめよう

東京湾などの海底の泥(地層)を調べてみると、プラスチックの消費量増加と対応し、マイクロプラスチックが確実に増加していることがわかります。

何も手を打たなければ、世界の海へのプラスチックの流入量は今後20年で10倍になり、今世紀後半には、海の中のプラスチックの量が魚の量を超えるというという予測もあります。プラスチックは大変分解しにくいため、一旦海に流入すると数十年以上残留します。影響がわかってから海への流入を止めても手遅れにな可能性があるため、諸外国では予防的な立場から対策が講じられはじめています。

海洋へのプラスチックの流入を減らすためには、3R(削減、再使用、リサイクル)の促進が鍵であると考えられています。世界的には、3つのRの中でもはじめのR「削減」、使い捨てプラスチック削減の方向で対策が進んでいます。

マイバッグを持ち歩きレジ袋を断る、マイボトルを持ち歩きペットボトルの飲みものを買わないようにする、プラスチック包装の多い商品よりも少ない商品を選ぶ、対面販売を選択しさらにレジ袋は断る、インスタント食品に頼らず食堂で食べる等、個人個人が使い捨てプラスチックを使わないように自分の生活を見直すことが大事です。

 

高田 秀重(たかた ひでしげ)

環境中における人工化学物質の分布と輸送過程についての研究が専門。東京湾とその流域と熱帯アジア、アフリカが主なフィールド。1998年からプラスチックと環境ホルモンの研究を開始。2005年以来International Pellet Watchを主宰。2012年から、国連の海洋汚染専門家会議(GESAMP)のマイクロプラスチックのワーキンググループのメンバーとして、海洋プラスチック汚染の評価を行っている。2015年7月に「マイクロプラスチックによる海洋汚染の研究及び海洋環境保全への貢献」で海洋立国推進功労者表彰内閣総理大臣表彰。信条は、現場百ぺん、予防原則、No-single use plastic!

2018年9、10月号

カテゴリー

最新の記事