機関誌「地球のこども」

考えるっておもしろいかも!?パート3:第2回 「〜させる」「〜してもらう」の意識を変える

CIMG3302

表現の端に滲む従来型の考え

「感想を発表させる」や「考えたことを紙に書いてもらう」といった表現が先生方の指導書などでよく見られます。教育に関わっている人でなくても、これまで一度はこういう表現を目にしたことがあるのではないでしょうか? 実は古いGEMSガイドでもこの表現を使っているぐらい、従来の教育においては慣用句的に使われてきました。

ただ、よーく見ているとこの表現に少し違和感をもちませんか? 言葉通りに取ると、子どもたちがしている発表やメモといった行為は彼らが自発的に行ったものではなく、大人がやらせたものだということになってしまいます。言うなればアクティブ・ラーニングに逆行する状態です。

表現の揚げ足をとっているだけと思われるかもしれませんが、こういった言葉やそれに付随する概念を見直していくことが、これからの教育には必要になってきます。「先生が教える」教育から、「子どもたちが学ぶ」教育へのパラダイムシフトが刻々と始まっています。

言葉に気を付けると意識が変わり始める

GEMSセンターでは、「〜させる」「〜してもらう」の代わりに、「(子どもたち自身が)〜する」、あるいは「(指導者が)~だと伝える」という表現を用いるようにしています。それは、課題の提示は大人がやったとしても、それを実行するかどうかの決定権は子どもの側にあると考えているからです。

言葉や表現には自分の意識が現れます。普段は奥底の方で眠っている思い込みや価値観が、自分の言葉の中に混じっていたりするものです。なかなか気づきにくい自分の内側に気づくヒントは、自分がアウトプットしているものをふりかえることから得られます。

主体は常に子どもたち。頭ではわかっているのですが、ついつい指示的になってしまうことってありますよね。そんなときは、まず自分が普段使っている表現をふりかえってみることから始めてはいかがでしょうか?

kamogawa

鴨川 光(かもがわ ひかる)

1987年茨城県生まれ。ジャパンGEMSセンター研究員。 早稲田大学大学院教育学研究科修了後、2013年6月より現職。子どもの思考力や社会性の発達について研究している。ワークショップやボランティアを通して子どもたちと一緒に成長中。

2017年3、4月号

20173月号表紙

カテゴリー

最新の記事