学生・学校関係の方へ

大学生・大学院生の方へ

JEEFでは、意欲ある学生にJEEFの理念や活動を伝える機会として、また組織の活性化を図るために、CSOラーニング制度を通じて約8ヶ月間ラーニング生を受け入れています。

学生は環境問題の総合的な知識を得るとともに、様々な事業の補助業務を通じて仕事の仕方やマナーを身につけることができます。一緒に環境のことを語りあえる仲間との交流や活動体験は、きっと将来への大切な財産となるはずです。

インターンシップ

以下の制度を通じてラーニング生を受け入れているほか、個別での受け入れも行っておりますので、お問い合わせください。

CSOラーニング制度
公益財団法人損保ジャパン日本興亜環境財団が実施する、大学生・大学院生の方向けに、環境分野のCSO(市民社会組織、NPO・NGOを包含する概念)でインターンシップを経験していただく制度です。
ECO-TOPプログラム
東京都環境局による自然環境保全のための人材育成・認証制度です。

学校関係の方へ

JEEFでは、学校での環境教育を充実させるため、全国各地の専門家や団体会員と協力し、「子どもたちのへの環境教育の普及」「環境教育を推進する指導者の養成」に力を入れています。 ご自身の学校で環境教育を実施する際は、ぜひJEEFが持つ全国の専門家や会員とのネットワークをご活用下さい。

子どもに向けた出張授業

学校の授業で環境教育を実施する

地域の環境教育団体や専門家をご紹介いたします。また、JEEFが持っている教材を使った環境教育の企画・実施のお手伝いをいたします

GEMS(ジャパンGEMSセンター)

子どもたちの自由な想像力を引き出しながら科学の基本概念や方法を学ぶことができる、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校の付属機関Lawrence Hall of Science(ローレンスホール科学教育研究所)で開発された科学・数学領域の参加体験型プログラムです。

教職員に向けた環境教育に関する研修

環境省事業 環境教育等に関する教職員・ 環境保全活動を担う者に向けた研修
ESD(持続可能な開発のための教育)を学校のカリキュラムで展開するための教職員研修です。
教員免許状更新講習【選択領域】アクティブな学びを引き出すファシリテーション研修(文部科学省認定事業)

新学習指導要領において重視される「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)を実現する対話型授業の手法を、体験と理論講義によって学びます。
身につけることが出来る具体的なスキルとしては、
  1)KP法(紙芝居プレゼンテーション法)
  2)えんたくんミーティング
  3)ABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)などです。