事務局日誌

CSOラーニング生の加藤 麦穂です。よろしくお願いします!

はじめまして。東京学芸大学 教育学部 F類環境総合科学課程 環境教育専攻 学部3年生の加藤 麦穂(かとう むぎほ)と申します。CSOラーニング制度を利用して6月から1月までの8か月間インターンシップ生としてお世話になります。よろしくお願いします。

 

はじめに、CSOラーニング制度について。CSOラーニング制度は、(公財)損保ジャパン日本興亜環境財団が主催している制度で、全国の大学生・大学院生を対象に6~1月の8ヶ月間環境分野のCSO(市民社会組織、NPO・NGOを包含する概念)でインターンシップを経験し、環境について学び、視野を広げることを目的としたものです。

では、はじめてのブログということで自己紹介から始めたいと思います!

私は埼玉で生まれ、宮城県の塩釜市で小学4年生までを過ごし、それから上京までを山形県の鶴岡市で過ごしました。自然豊かな山形で出羽三山の自然を守る会の自然教室に通っていたことが環境教育を志したきっかけです。私の地域では子どもより大人の人数が多いという環境でしたが、子供向けの“自然教室”という企画の中で、色々な世代の方々と自然を見て、感じて、学んできました。時には春の冷たい川の真ん中の石に棒立ちになって、講義めいたことを聞いた覚えもあります。今となっては良い思い出です。

中学生になってからは学生生活に打ち込み、自然教室の事は忘れていたのですが、浪人を機に自分の事や、進路について真剣に考え始めます。その時に自分の中での自然教室で学んだことの大きさに気付かされ、環境教育に興味を持つようになりました。

それからは、環境教育一筋に学びを進めています。元々、気になったらなんでもやってみたい性格なので、なんでもやってみています。大学も環境教育専攻に入学し、サークルも小中学生を対象に環境教育をしている「ちえのわ」というサークルに入り、環境教育について考えるゼミに入り、(公財)キープ協会さんの活動に参加し、、、環境教育といっても学び始めると際限なく広がり、その奥深さに驚いているところです。

 unnamed

学内や学ぶ側での環境教育を見てきた私は、今度は実際の社会ではどんな風に環境教育がされているのか、ということに興味を持ち始めました。それがこのインターンシップを申し込んだきっかけです。JEEFでの活動を通して、より学びを深めていきたいです。

まだまだ未熟な所が多い私ですが、8か月間自分の学べることを出来る限り吸収していきたいです。名前の「麦穂」の意味は麦踏みから取って「踏まれても立ち上がる様に」という事です。名前負けしないよう、精一杯頑張りたいと思います。8か月間、よろしくお願いします。