令和4年度 教職員等環境教育・学習推進リーダー養成研修

 

 本研修は、持続可能な社会の構築を目指し、さらにSDGsという世界共通の未来の価値を相互に磨き合う協働・共創を通して、学校や地域における質の高い環境教育・ESDを実践、推進するリーダーとなる人材を育成するために、文部科学省の協力のもと、環境省主催で開催するものです。

 研修コースには、学校におけるカリキュラム・マネジメント等の実践力向上を目指す「カリキュラム・デザイン・コース」と、環境教育・ESDにおける体験活動の実践力向上を目指す「プログラム・デザイン・コース」を設けています。

研修の趣旨はこちら

研修の内容 --------------

(1)カリキュラム・デザイン・コース

 学校や地域において、教科横断型で地域共生の視点を取り入れた環境教育・ESDを推進するリーダー人材を育成することを目的とします。

 参加者が環境教育・ESDのカリキュラムをデザインする力を養うことができるよう、講義とグループワーク(各教科等と関連させた環境教育・ESDの指導計画表〔ESDカレンダー〕等を作成するための演習)で構成します。

 今年度は集合型研修①・②と講師派遣型研修の2形態で実施します。

環境教育教材 や 事例集 について

 毎年多くの先生方から “実践事例をたくさん知りたい” という声を聞きます。
 研修会の中では事例を紹介する時間は限られています。代表的なサイトをご紹介しますので参考にしてみて下さい。 ▶ こちらから

■ 集合型研修①(オンライン開催) 終了しました。

講義およびグループワークをオンライン会議システム『ZOOM』を使って開催します。

※ 講義のみの参加も可能ですが、研修効果を高めるために、できるだけ講義とグループワークのセット受講を推奨します。
※ グループワークは、小・中学校チーム(おもに小・中学校の教職員など、定員20名)
高等学校チーム(おもに高等学校の教職員など、定員20名)に分かれて実施します。

日 程 2022年9月23日(金・祝)
 >講     義  10:00~12:00(定員100名程度)
   ※棚橋乾先生の講義を予定しています。
 >グループワーク 13:00~17:00(定員40名)
   ※小・中学校チーム(おもに小・中学校の教職員など、定員20名)と
   高等学校チーム(おもに高等学校の教職員など、定員20名)に分かれます。
対 象 学校関係者(小・中学校、高等学校等の教職員)、教育委員会、
地方公共団体など環境行政に携わる方
受講料 無 料  ※ オンライン視聴における通信料金等は参加者の負担となります。
注意事項 ・申込〆切は、9月16日(金)17時まで。 ※定員に達し次第〆切ります。
・ZOOMをインストール済みのPC等でご参加ください。
・グループワークは、Googleスライド/スプレッドシートを使って作業するため、スマートフォンやタブレット端末ではなく、できるだけPCでご参加ください。

 

■ 集合型研修②(対面式) 参加者募集中!

グループワークを 『対面式』 で開催します。
※ 講義は、研修開催日までに、YouTube動画視聴による事前学習(約100分)を行っていただきます。内容は、9月23日のオンライン研修の講義ビデオになります。

日 程

会 場

第1回: 2022年11月5日(土) 13:00~17:30(定員100名)

      会場:TKP東京駅カンファレンスセンター
        東京都中央区八重洲1-8-16 (JR東京駅 八重洲中央口より徒歩約1分)

第2回: 2022年11月23日(水・祝) 13:00~17:30(定員100名)

      会場:新大阪丸ビル別館
        大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-22 (JR新大阪駅 東口より徒歩約2分)

集合時間 12:45
※ 東京会場と大阪会場の研修内容は同じです。
※ 小・中学校チーム(おもに小・中学校の教職員など、定員50名)と高等学校チーム(おもに高等学校の教職員など、定員50名)で、2会議室に別れて開催します。会議室はいずれも定員100名規模の大会議室です。
※ 新型コロナウイルスの感染状況によっては、延期または中止となる場合があります。

対 象 学校関係者(小・中学校、高等学校等の教職員)、教育委員会、
地方公共団体など環境行政に携わる方
受講料 無 料
※ 研修会場までの旅費や食費、宿泊費等につきましては参加者の負担となります。
※ 宿泊が必要な方は、各自でホテル予約等のご手配をお早めにお願いします。
注意事項 ・申込〆切は、研修開催日の1週間前まで。 ※定員に達し次第〆切ります。
・感染症予防対策の観点から、研修実施中はマスク着用のご協力をお願いします。会場は、換気のため、適宜、窓やドアを開けます。室温の変化に対応できる服装でご参加ください。

 

■ 講師派遣型研修 あと2ヶ所受け付けます!

学校、教育委員会、地方公共団体等からの要望を受け、講師を派遣して集合型研修と同様の研修会を実施します。今年度は、全国から10か所を募集します。

ホールスクール・アプローチの向上にご活用ください。また、既にESDカレンダーを取り入れている学校については、その評価手法など学校の進捗状況に沿った研修会を行うこともできます。

日 程

内 容

環境教育・ESDのカリキュラムをデザインする力を養うことができるよう、講義とグループワーク(各教科等と関連させた環境教育・ESDの指導計画表〔ESDカレンダー〕等を作成するための演習)で構成することをベースとしますが、派遣先のご要望に応じて柔軟に対応いたします。メールにてお気軽にご相談下さい。

【E-mail】esd-kensyu★jeef.or.jp(★を@に変換)

対 象 学校、教育委員会、地方公共団体など、全国10ヶ所
受講料 無 料
※ 講師への謝礼や派遣に伴う費用(旅費等)は、研修運営事務局で負担します。
条 件 ・研修参加者が原則として20名程度以上確保できること
・研修時間を3~6時間程度確保できること
・研修会場(教室等)の確保 および 新型コロナウイルス感染症予防対策の措置を講じること
・事後アンケートに加えて、研修終了後、本研修の受講をどのように活用しているかをお伺いする「フォローアップアンケート」を実施させていただきます。
備 考

〔本研修の活用例 -令和3年度、令和4年度(実施中)〕

1)学校全体での取組を推進するための学校単独での研修会や勉強会
 (ホールスクール・アプローチの向上を図る)
  >R3年度: 上田西高等学校、厚木市立毛利台小学校、板橋区立緑小学校 など
  >R4年度: つくば市立吾妻小学校

2)地域で連携した環境教育・ESDを実践、推進するための複数の学校による合同研修
  >R3年度: 東京都立大島高校および島内の高・中・小の教職員で研修会を実施 など

3)地域で連携した環境教育・ESDを実践、推進するために、地方公共団体や教育委員会が主導する研修
  >R3年度: 山形県環境企画課(県内の小・中・高の教職員で研修会を実施) など
  >R4年度: 福井市環境政策課(市内の小・中学校の教職員で研修会を実施)

カリキュラム・デザイン・コースのちらし

 

(2)プログラム・デザイン・コース 参加者募集中!

 持続可能な社会づくりへの主体的な参加を促進していくうえで有効な「体験活動」を企画・実践していくことのできるリーダー人材を育成することを目的とします。

 事業者が提供している「体験活動」を実際に体験したり、取り組みに携わる人と交流したりするほか、得られた気づきを参加者同士で共有するためのグループワーク等を実施します。

 ※ 環境教育等促進法に基づき、都道府県知事等によって認定された「体験の機会の場」において、体験型環境教育の質の向上や専門的な人材育成が推進されることを目的に設立された 「体験の機会の場」研究機構 と連携して本コースを開催します。また、「国立公園」を活用して体験型環境教育を推進している事業者も加わって研修の充実を図っていきます。

開催地 全国8ヶ所
 「体験の機会の場」認定事業者(6事業者)
          および    国立公園(2事業者)
対 象

学校教職員のほか、行政関係者、民間企業やNGO/NPOのスタッフ、大学生等の環境教育や体験活動、地域づくりに関心のある方
※ 各回定員30名程度

受講料 無 料
 ※ 研修会場までの旅費や食費、宿泊費等につきましては参加者の負担となります。
 ※ 宿泊が必要な方は、各自でホテル予約等のご手配をお早めにお願いします。
注意事項 ・申込〆切は、研修開催日の1週間前まで。 ※定員に達し次第〆切ります。
・感染症予防対策の観点から、研修実施中はマスク着用のご協力をお願いします。室内会場は、換気のため、適宜、窓やドアを開けます。室温の変化に対応できる服装でご参加ください。
備 考 ・複数の研修にお申し込みいただけます。
・主要な駅から開催地まで送迎バスを手配する場合もあります。
・研修の受講にあたり、ビデオ1(約20分)およびビデオ2(約10分)をご視聴ください。

プログラム・デザイン・コースのちらし

 

〔体験の機会の場〕

 (1)株式会社中特ホールディングス(山口県周南市)
  【日 程】2022年10月19日(水)
  【テーマ】「海岸漂着物を使ったクラフトアート」
  【概 要】研修概要はこちら

 (2)株式会社オガワエコノス(広島県府中市)
  【日 程】2022年11月9日(水)
  【概 要】近日公開

 (3)サンデン株式会社(群馬県前橋市)
  【日 程】2022年12月14日(水)
  【概 要】近日公開

 (4)ホンダモビリティランド株式会社(栃木県芳賀郡茂木町)
  【日 程】2023年1月12日(木)
  【概 要】近日公開

 (5)加山興業株式会社(愛知県豊川市)
  【日 程】2023年1月20日(金)
  【概 要】近日公開

 (6)石坂産業株式会社(埼玉県入間郡三芳町)
  【日 程】2023年2月10日(金)
  【概 要】近日公開

 

〔国立公園〕

 (7)NPO法人ホールアース研究所(静岡県富士宮市)
  【日 程】2022年11月27日(日)
  【テーマ】「富士箱根伊豆国立公園での環境教育活動」
         ~身近な自然とのふれあいから学ぼう!
  【概 要】近日公開

 (8)NPO法人大雪山自然学校(北海道上川郡東川町)
  【日 程】2023年1月6日(金)
  【概 要】近日公開

 

お申し込み方法 --------------

〔申込〆切〕 原則、各研修開催日の1週間前まで (※ 定員に達し次第、〆切ります。)

各コースの「お申込フォーム」に必要事項をご記入し、送信して下さい。

※「お申込フォーム」から応募出来ない場合は、下記のお問い合わせ先にご連絡ください。
※ 受講目的が研修の趣旨に合わないと判断した場合は、研修への参加をお断りする場合があります。

  > カリキュラム・デザイン・コース (集合型研修)のお申込み ▶ ここから

   ※ 講師派遣型研修については、メール でご相談ください。

  > プログラム・デザイン・コース のお申込み         ▶ ここから

 

お問い合せ先 --------------

【研修運営事務局】

  公益社団法人日本環境教育フォーラム
   T E L : 03-5834-2897(平日 10:00~17:00)
   E-mail: esd-kensyu★jeef.or.jp(★を@に変換)
   担 当: 加藤有美恵、 清水誠二
    ※ 出勤と在宅勤務の併用体制を取っています。できるだけメールでお問い合わせください。