кредит онлайн на карту не выходя из дома

JEEFについて

団体概要

正式名称 公益社団法人 日本環境教育フォーラム
(英語表記)Japan Environmental Education Forum
事務局所在地 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
 アクセス
連絡先 電話 03-5834-2897  FAX 03-5834-2898
※受付時間 平日9:30〜17:30
設立年月 1992年9月
法人格

1997年 環境省所管 社団法人取得
2010年 内閣府所管 公益社団法人取得

代表者 理事長 川嶋 直
役員数 16名
職員数 18名(臨時職員・出向者含む)
会員数 683名・団体(正会員 個人:73名 団体:15団体)(平成26年4月1日現在)
事業内容
  1. 環境教育等に関する企画、運営及び実施
  2. 環境教育等に関する情報の収集、整備及び提供
  3. 環境教育等に関する調査研究
  4. 環境教育等に関する知識の普及及び啓発のための事業
  5. 環境教育等に関する政策の提言
  6. 環境教育等に関する個人・団体間の交流の促進
  7. 環境教育等の活動に係る人材や指導者の育成及び指導者の派遣
  8. 環境教育等に関する活動及び調査研究への助成その他による支援
  9. その他この法人の公益目的を達成するために必要な事

沿革

1987 第1回清里フォーラム
1992 書籍『日本型環境教育の提案』出版 日本環境教育フォーラム発足
1993 会報誌「地球のこども」発刊
1996 シンポジウム「自然学校宣言」開催「自然学校宣言」発行書籍『自然の学校』出版
1997 環境省所轄社団法人となる
2000 自然学校指導者養成講座開始
2001 ジャパンGEMSセンター開設
2004 JEEF憲章制定
2006 全国自然学校現況調査
2007 20周年記念事業
2008 書籍『日本型環境教育の知恵』出版
2010 全国自然学校調査 公益社団法人日本環境教育フォーラムとなる
1997 自然大好きクラブ事務局 開始(環境省)自然解説指導者育成開始(環境省)*2005年
1998 自然体験活動指導者研究会運営事業(文科省)*2000年
1999 子どもパークレンジャー全国事務局運営業務開始(環境省・文科省)*2006年
2000 田貫湖ふれあい自然塾運営(環境省)
2002 海辺の自然学校試行・研究会運営調査事業(国交省)
2003 千葉自然学校設立支援事業(千葉県)2005年国際博覧会環境教育プロジェクト企画立案事業開始(2005年日本国際博覧会協会)*2005年
2005 愛・地球博自然体感プログラム「森の自然学校」「里の自然学校」運営事業(2005年日本国際博覧会協会)
2007 愛知県万博跡地活用自然体験施設運営事業(愛知県)エコツーリズム人材育成事業(環境省)
2008 子ども自然体験活動等に係る調査事業(環境省)
2010 アジア環境協力に係るCSR(企業の社会的責任)推進事業(環境省)
2012 教職員等環境教育研修業務(環境省)
1993 市民のための環境公開講座 開始(損害保険ジャパン、損保ジャパン環境財団)
1995 NEC森の人づくり講座 開始(NEC)
1998 エコのもりセミナー 開始(トヨタ自動車)*2006
2001 ニッセイ緑の環境講座 開始(ニッセイ緑の財団)白川郷自然学校基本計画参画(トヨタ自動車、白川村)*2005年
2002 アサヒビール環境文化講座 開始(アサヒビール)
2004 王子の森 自然学校 開始(王子ホールディングス)コスモ石油学校の環境教育支援事業・WEB構築(コスモ石油)*2011年
2006 アサヒ・J-POWER風の子塾 開始(アサヒビール、電源開発)
2007 DENSO YOUTH for EARTH Action青少年育成グローバルプログラム 開始(デンソー)
2008 きのこ・たけのこ里山学校 開始(明治)
2009 日本の環境を守る若武者育成塾 開始(アサヒビール)

()内は連携先企業(法人格略)

1998 インドネシア環境教育プロジェクト・チビノンワークショップ開催
2000 日中韓環境教育プロジェクト(環境省事業)開始*インドネシア環境教育プロジェクト開始
2001 日中韓NGOデータベース作成*2006年度東アジア環境教育データベース作成*2007年度
2002 インドネシアボゴールに現地事務所設置国際協力銀行調査事業(タイ環境教育可能性調査)
2004 タイ環境教育ワークショップ事業
2005 ユネスコアジア環境教育ワークショップ事業 開始*2006年度
2006 太平洋・島こども環境サミット企画運営事業インフラ事業と環境教育の国内事例調査事業(国際協力銀行)
2008 ツバル青少年友の会事業開始
2009 JICA草の根技術協力事業「インドネシア」*2011年度アジア地域地元自然資源活用エコツーリズム展開研修
2010 アジアにおける環境教育・CSRセミナー
2011 JICA草の根技術協力事業「ブータン」トヨタ車体インドネシア・マングローブ植林事業タイ生物多様性教材開発教員育成事業
2012 JICA草の根技術協力事業「ベトナム」バングラデシュ生物多様性教材開発事業ブータン・オグロヅル観察センター環境教育プログラムインドネシア大塚製薬CSR事業