市民のための環境公開講座

特別講座:講座内容

特別講座 震災後10年の気仙沼の海から、人と自然のつながりを考える

8月21日(土)10:30〜12:00

2011年に東日本大震災が発生してから今年で10年を迎えます。被災地である気仙沼も震災により壊滅的な被害を受けましたが、この10年で復興に向けた取り組みが着実に進められています。本特別講座では、NPO法人森は海の恋人の畠山信氏を講師に、オンラインの特性を生かして、宮城県気仙沼市と中継で結びながら講師と参加者の双方向のコミュニケーションを重視した講座を提供します。

講師:畠山 信氏(NPO法人 森は海の恋人 副理事長)

講師からのメッセージ

東日本大震災から10年が経過しました。
「復旧・復興」、「防災・減災」を掲げて進められてきた災害復旧工事により、大きく変化してきた街並みと自然環境。何を得て何を失ったのか?発災直後に思い描いていた未来像は達成できたのか?成功、失敗の原因は何だったのか?
三陸沿岸の今の状況を海上からの中継を交えて皆様にお伝えし、今後どのように変化していくのか、何をやるべきなのかを皆さまと一緒に考えたいと思います。

 

一般お申込み・詳細

お申込み・詳細