非公開: チャリティ×大阪マラソン

2016年度の活動

第6回大阪マラソン(2016)、応援ありがとうございました!

2016年10月28日(金)~29日(土)のEXPOの様子、10月30日(日)のマラソンの様子を
『事務局日誌』 『地球のこども』に掲載しています。ぜひご覧ください!!

 (https://www.jeef.or.jp/blog/osaka2016/)

 (https://www.jeef.or.jp/child/201701report01/)

~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~

寄付金を以下の活動に使わせていただいております。

大阪の自然を支えるユースを「清里ミーティング」に招待し、大阪の未来のために行動できる若者を育てる!

清里の大自然、温泉、食事を満喫しながら、人と自然のバランスがとれた社会の実現に向けて、全国各地で環境教育に取り組む実践者(先輩たち)の輪に加わり、ともに考え、環境活動への想いを分かち合いました。
2泊3日の濃い体験を踏まえ、地域での活動に磨きをかけていただけると嬉しいです。
スライド1

今年度は、
 大阪産業大学 人間環境学部 生活環境学科(3年) A君
 大阪工業大学大学院 工学部 都市デザイン工学科(M1) B君
の2名を日本最大級の環境教育イベント『清里ミーティング』にご招待しました。

 

●学校の教員等を対象にした「環境教育・ESD カリキュラムデザイン研修会 in 大阪大阪のユースがスタッフとして参加!

2017年1月14日(土)大阪OMMビルで開催された研修会に、大阪の自然を支えるユースが学習を兼ねてスタッフとして参加。学校教育に環境教育を取り込む先生方向けの研修会をサポートしてくれました。

 清里ミーティングに参加した、大阪産業大学 人間環境学部 生活環境学科(3年)のA君
 大阪マラソンの応援に駆けつけてくれた、大阪市立大学大学院 建築家(M1)のCさん
 大阪大学 理学部 数学科(1年)のD君
がスタッフとして研修会を支援してくれました。

P1143058

 

●ヤシ砂糖を使ったクッキーを通したインドネシアの里山保全

JEEFインドネシア事務所が支援するマラサリ村で生産・開発したヤシ砂糖を使ったクッキーをチャリティーランナーをはじめ、大阪マラソンEXPOで配布しました。
また、清里ミーティングにおいてインドネシアのヤシ砂糖事業の報告を行いました!大盛況でした!!

スライド1

ヤシ砂糖を使ったクッキーを食べた方からは「美味しい」と大好評だった他、「クッキーがインドネシアの里山保全につながるとは知らなかった」と感想をいただきました。

●生きる力をはぐくむプログラム「GEMS(ジェムズ)」で東北の子どもたちを笑顔に!

JEEFが日本の普及センターを担うGEMS(Great Explorations in Math and Science)のワークショップを、東日本大震災の影響が残る福島の子どもたちと行いました。

いわき市にある かなや幼稚園では、『タマゴ タマゴ』のプログラム。タマゴには色も形も大きさも実にたくさんのバリエーションがあります。子どもたちは、本物のタマゴや図鑑を見ながら「このタマゴかわいい!」「こんなタマゴもあるんだねぇ」と驚いたように観察していました。

同じいわき市にある塾 ときわ塾では、小学生たちと『シャボン玉フェスティバル』!最初はこちらから「四角いシャボン玉つくれる?」「シャボン玉の大きさってどうやったら測れる?」といった課題を出していたのですが、次第に子どもたち自身が「人が入れるようなシャボン玉をつくりたい!」「大きいシャボン玉の中に小さいシャボン玉を詰め込みたい!」といった探究課題を設定して、どんどん新しいことにチャレンジしていきました。
最後はみんなが口々に「あー、楽しかったー!」と言いながら片付けを手伝ってくれ、あっという間の90分が終わりました。

IMG_0874 IMG_0859

プログラム終了後にある女の子が「地震の後はしばらく東京に行ってたんだー」と教えてくれました。そんな子たちが福島に戻って来て楽しそうに学んでいるのを見ていたら、なんだかグッとくるものがありました。。

今回いわきに行ってみて感じたのは、復興はまだまだ始まったばかりだけれど、そこに生きている人たちの中に未来を紡ごうとする強い意志があること。

訪れた幼稚園の園長先生はこう言います。
「日本中のたくさんの方たちから福島は応援してもらったから、今度は恩返しをする番だと思っているんです。それは、福島から元気を発信すること。子どもたちがこんなに生き生きと育っているんですってところを見せたいんです」

まだ仮設住宅は残っているし、残ったままの瓦礫や原発の問題もある。それでも毎日を暗く生きる必要はない。子どもたちがわくわくしながら生活できる環境づくりに少しでもお役に立ちたいと改めて感じました。

今回はみなさまからいただいた寄付(第6回大阪マラソン)で、福島県いわき市の子どもたちにGEMSを届けることができました。本当にありがとうございました。