「生物多様性を感じよう! 親子自然観察会2022」募集は終了しました

大好き!
「生物多様性を感じよう! 親子自然観察会2022」
主催:環境省「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトチーム(生物多様性主流化室)
募集は終了しました。

 田植え前の里山の田んぼ、お米はどれだけ大きく育ったかな。

1.環境省では、親子が参加する自然体験を通じて、森里川海のつながりと生物多様性、私たちの生活について考えてもらうイベントを実施します。
2.今回、里山にてミツバチの観察、お米の脱穀体験、里山の昆虫採集を行い、最後に講師の小野正人先生と養老孟司先生からの講話を予定しています。
3.応募条件を御確認の上、ぜひ御応募ください。

開催趣旨
 環境省では、平成30年に「子どもたちにもっと自然の中で遊んでほしい」「森里川海のつながりが豊かであるからこそ、私たちの暮らしが支えられていることに気付いてほしい」という願いを込めて、読本『森里川海大好き!』(小学校高学年向け)を制作しました。
 平成30年度から3年間、読本『森里川海大好き!』を課題図書にした「読書感想文コンクール」を開催し、一昨年度は「読書感想文コンクール授賞式」と併催で、新宿御苑とオンラインにて「自然観察会」を実施し、昨年度はオンラインで親子向けの自然観察会を2回実施しました。
 今年度は、里山にて親子向けの自然観察会を開催します。御応募、お待ちしています。

募集概要

日時 令和4年10月9日(日)JR常磐線水戸駅前8時集合/15時30分解散
会場 茨城県内の里山(水戸駅からバスで移動)
*集合解散場所までの往復交通費と、遠方からのご参加で宿泊が必要な場合の宿泊費(1泊分)は事務局が負担します。
募集人数 親子5組(小学4年生から6年生のお子様1名と御家族の方1名)
参加費 無料
応募締切 *定員に達したため募集は終了しました。
応募条件 読本『森里川海大好き!』の読書感想文(1200字以内)、もしくは「自然体験をテーマにした自作の動画」(3分以内)を御送付ください。詳細は下記の応募方法を御確認ください。
御注意 *御応募いただいた作品を確認させて頂き、9月12日(月)までにメールでご連絡させていただきます。
*御応募いただいた作品は、環境省「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」のホームページや環境省公式動画チャンネルにて掲載する場合があります。
*当日の様子は動画で記録し「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」に関連する広報等で使用させていただきます。
*テレビ局等の取材が入る場合もありますので、御了承いただける方に限りお申込み下さい。

次第(予定)

第1部:里山を散策して、ミツバチの観察
第2部:お米の脱穀体験
第3部:里山の昆虫採集
第4部:参加者による採集した昆虫の発表
<昼食>御弁当をこちらで準備いたします
第5部:小野正人先生および養老孟司先生からの講話

講師プロフィール

養老孟司先生 解剖学者。東京大学名誉教授。NPO法人「日本に健全な森をつくり直す委員会」委員長。読本『森里川海大好き!』(発行:環境省)編集委員長。『バカの壁』をはじめ、人の心や社会現象を脳科学、解剖学の視点から解き明かした多数の著書をもつ。実は昆虫についてもとても詳しい先生です。一緒に虫捕りを楽しみましょう。 小野正人先生 昆虫学者。玉川大学教授、玉川大学学術研究所所長。ミツバチ、マルハナバチ、スズメバチなどハチの社会や生態の研究に長年携わりハチにとても詳しい先生です。当日はミツバチの生活、人とのかかわりや養蜂についての興味深いお話をお聞きしましょう。

応募方法

ご応募に際しては、下記の(1)または(2)をお送りください。

(1)読本『森里川海大好き!』の読書感想文

*読本のメインストーリー『大発見は足もとに』(作・阿部夏丸 氏)が読書感想文の課題です。感想文の中で読本の他の記事についてふれることも可能です。

・全国の小学校図書館、公立図書館に所蔵されています。
 ISBN 978-4-9910599-0-2 (一部ISBNが付されていない版もあります。)
環境省WebサイトからPDFファイルをダウンロードできます。

*読書感想文は1200字以内(ワードなど一般的なアプリ)で書いて、メールに添付してお送りください。

(2)自然体験をテーマにした自作の動画

・ご家族や友だちと自然の中で遊んでいる時の動画や、好きな虫や魚など生き物を観察して撮影した動画など、自然とのふれあいをテーマにした自作のものであれば何でもかまいません。
・作成に際しては保護者などが協力してもかまいませんが、どの程度協力されたかをご記入ください。

*動画は3分以内とし、一般的な動画データ(MPEG4)で作成してください。データは無料のオンラインストレージ(保存期間は最長とする)にアップロードし、そのURLを応募メールにご記入の上ご応募ください。

応募先 (*募集は終了しました)

下記について、すべてご記入したメールをお送りください。
*送付先メールアドレス mori-sato-kawa-umi★jeef.or.jp (★を@に変更)
*個人情報は本件についてのみに使用させて頂きます。
(下記をメールにコピペしてご活用ください)

メールの件名を「親子自然観察会 参加応募(保護者ご氏名)」としてください。

  1. 保護者のご氏名とふりがな
  2. お子様のご氏名とふりがな
  3. お子様の学年(対象は小学4~6年生)
  4. お住いのご住所と郵便番号
  5. メールアドレス(添付ファイルが送付可能なアドレス)
  6. 日中に連絡可能なお電話番号
  7. 応募作品について: (1)読書感想文 または (2)自然体験動画 と、その「題名」をご記入ください。
    (1)の場合は、感想文の文書ファイルをメールに添付してお送りください。
  8. (2)の場合:アップロードした動画のURL
  9. (2)の場合:動画の作成に保護者などが協力した場合、どの程度協力したかをご記入ください。
  10. 備考(ご質問などがあればご記入ください)

*事務局で応募メールを確認後、土日祝日を除いた3営業日以内に「到着確認メール」をお送りします。
*送付後4営業日になっても「到着確認メール」が届かない場合は、事務局まで必ずをお電話を下さい。
*お送りいただいた作品は環境省にて確認させて頂き、ご参加いただける方にのみ9月12日までにメールでお知らせします。

お問い合わせ

(公社)日本環境教育フォーラム(森里川海係:京極・垂水)
メール: mori-sato-kawa-umi★jeef.or.jp (★を@に変更)
電話:03-5834-2897
受付時間10:00~17:00(土日祝を除く) *新型コロナウイルス感染対策としてテレワーク勤務が主体のため、原則メールにてお問い合わせください。