サニエルおやこネイチャー楽校

参加者の声!

小さな箱の中で起きる “ふしぎ” からたくさんのことを学び、生ごみの削減や資源の循環について参加者みんなで体験することができました!
参加者(保護者)から頂いた感想やメッセージを掲載させていただきます。

 > 2021年度の第1弾開催報告、詳細は こちら から。
    (※「一般財団法人サニクリーンアカデミー」様のホームページに移動します。)

  

     【第1弾の参加者】             【第2弾の参加者】

定期的なワークシートなどのフォローと、全国の仲間のおかげで、毎日ではないけれど、コンスタントにコンポストについて取り組むことができました。
継続して観察したり記録したりというのは一人ではなかなか難しいのですが、観察シートをアップしなければいけないとか、Zoomで報告会があるというのは良い動機づけになりました。スタッフさんのTwitterも励みになりました。ある程度継続できれば習慣になってこのまま継続できそうです。
SDGsに自分たちが貢献出来ることがあると知ることが出来たのが学びに繋がったと思います。
コンポストという言葉をよく言うようになりました。コンポストが熟成期間に入り、以前のように野菜クズなどをゴミ袋に捨てているともったいないと言っていました。
毎日、植物の様子を観察するようになった。目で見えない(見えにくい)生物に関心を持ち、マイクロスコープなどで詳しく観察するようになった。
どの食べかすがよい土に早くなりやすいか話しています。また、育った野菜にも興味を持ってお世話をしています。
食物には『ゴミ』という部分は存在しないことを子供と学び、『ゴミ』について考えさせられました。
コンポストで生ゴミが分解されていく過程が楽しかったです。まさに『び生物の飼育係』だと思いました。
子供と一緒に学ぶ事で共通の話題が出来、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。貴重な体験をさせて下さり、ありがとうございました。
最初の頃は、上手くいっているのかどうかドキドキしながら取り組んでいました。計算したらとんでもない数字の生ゴミが入ったのに、溢れることなく。驚きでした。すごく熱くなった土を触った感触、大量のウジムシと格闘したのも良い思い出です。
イベントでは失敗もまた学びだということを伝えていただき、失敗しないようにというスタンスで行動してきたなと思いあらためることができました。いつも穏やかに優しく受け入れてくださりありがとうございました。