ニュース

「2050年、社会はこうなってほしい。炭素ゼロ社会をつくる」アイデア募集!

一般社団法人日本環境教育学会では、全国の小中学生を対象に「2050年、社会はこうなってほしい。炭素ゼロ社会をつくる」アイデアを募集しています。
どんなことに取り組めば、地球温暖化をやわらげ、炭素をかぎりなく排出しない社会が実現できるでしょうか?今まで言われてきたこと、取り組んできたこと以上に、もっといいアイデアを聞かせてください。

応募してもらったアイデアの中から選ばれた皆さんを、「日本環境教育学会第33回年次大会」の中で開催される【発表と対話の会】にご招待します(8月27日(土)開催)。環境教育を研究・実践する学会会員に、みなさんの声を聞かせてください!

*JEEFも本企画に賛同し、協力しています。

<詳細> https://miraye.jp/jsfee/
<〆切> 2022年7月25日(月)必着

<応募のお礼と賞の授与>
応募してくれたアイデアから、学会会長賞(1件)と学会賞(数件)選び、受賞者に賞状と副賞を差し上げます。
●学会会長賞 賞状と副賞:図書券1万円分
●学会賞  賞状と副賞:図書券5,000円分

※応募してくれたアイデアは、公開可能なものすべてを日本環境教育学会ホームページで公開します。
※8月27日に開催する【発表と対話の会】に選ばれて発表してもらう方には、受賞者、付き添いの方(1名分)の交通費(宿泊が必要な場合は宿泊費も含みます)をお支払いします。

<発表と対話の会>
2022年8月27日(土)東京農工大学(東京都府中市)
招待者は7月末に決定、応募者に連絡をします。

主催:一般社団法人日本環境教育学会
協力:一般財団法人日本児童教育振興財団一般社団法人地球温暖化防止全国ネット、公益社団法人日本環境教育フォーラム