機関誌「地球のこども」

2018年11、12月号

地球のこども2018年11月号

02 特集 特集:クリスマスの景色が変わる?生き物の変化と気候変動を知る。

気候変動で変わってしまうかも!?季節や自然のあり様 市川 大悟(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)
渡り鳥の分布が北上する!? 植田 睦之(認定NPO法人バードリサーチ)
冬だからバードウォッチングをはじめよう!  江面 康子(公益財団法人日本野鳥の会)

09 地域の課題解決あの人に聞きました!
第3回 子どもたちの世代に残したい美ら海とサンゴ [金久保 優子] 
10 国際事業コラムパート3 世界(開発途上地域)の食・農事情
第3回 砂漠・乾燥地帯に特有の食・農文化 スーダン共和国 [佐藤 秀樹]
11 環境教育のものさし
第4回 ルーブリック導入に向けた「振り返りシート」の利用法 [中西 紹一]
12 考えるって面白いかも!?パート4
第5回 スキルよりも感覚を磨く [鴨川 光]
13 事務局より

編集/デザイン:高松敬委子  表紙イラスト:アウリンコ

掲載記事

地球の子どもとは

『地球のこども』は日本環境教育フォーラム(JEEF)が会員の方向けに年6回発行している機関誌です。
私たち人間を含むあらゆる生命が「地球のこども」であるという想いから名づけました。

本誌では、JEEFの活動報告を中心に、広く環境の分野で活躍される方のエッセイやインタビュー、自然学校、教育現場からのレポートや、海外の環境教育事情など、環境教育に関する幅広い情報を紹介しています。
会員以外の方へは、1部600円で販売も行っていますので、ご希望の方はお問合せください。

お問合せ先

以下のフォームもしくは、ファックス(03-5834-2898)にてご投稿ください。

機関誌 お問い合わせフォーム 入会案内

「会員の声」を募集しています

機関誌『地球のこども』では、会員の皆様からご意見募集しています。皆様から寄せられたご意見は、「会員の声」のコーナーに掲載させていただくことがございます。

【投稿内容】

  • 文字数:200字程度
  • 投稿者情報:都道府県、年齢、性別、ご所属、ご氏名(ペンネーム、匿名可)

※ 編集部にて採用を決めさせていただきます。
※ 編集部で文章を編集する場合がございます。

「投稿記事」を募集しています

環境教育に関する活動や情報を記事として寄稿していただける方を募集しています。

【投稿内容】

  • 文字数:タイトル、本文1000または2000文字
  • 関連するお写真数点
  • ご自身の顔写真 プロフィール
  • 形式:原稿はワードファイル、画像はJPEG

※ 編集部にて採用を決めさせていただきます。
※ 編集部で文章を編集する場合がございます。

ご投稿・お問合せ先方法

以下のフォームもしくは、ファックス(03-5834-2898)にてご投稿ください。

「会員の声」投稿フォーム