事務局日誌

マラサリ村、ついにパメラン始動!

resize1703

こんにちは。JEEFインドネシア事務所の菊川です!

JEEFでは2014年からJICA草の根技術協力事業として、グヌン・ハリムン・サラック国立公園内にあるマラサリ村で持続可能な観光開発の支援を進めています。

これまでに、マラサリ村ではツアーの調整を行う村有ツアー会社を設立したり、モニターツアーやトレーニングを実施したりと、観光開発に向けて活動を行ってきました。

ようやく観光化の基盤が整ってきた今、広報にどんどん力を入れて頑張っていこうと盛り上がっています!

resize1705

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、タイトルにあるパメランとはインドネシア語で展示会のこと。

resize1706

この日はマラサリ村のあるボゴール県下のプールや動物園、農村観光村などの観光地が、ブース並べプロモーションを行いました!

展示会の会場は、ジャカルタの日本人街ブロックMにあるショッピングモール。買い物に来たお客さんをターゲットに、2日間にわたって行われました。

マラサリ村のブースでは村の様子の写真パネルや、村で作られている数種類の伝統米や砂糖の展示や、プロモーションビデオの上映を行いました。

テントの外に吊るした籐(とう)のカバンや伝統的な稲のディスプレイが、ずらっと並ぶ白いテントの中で一際目立っていました。

この籐(とう)のカバンに興味をもって覗いてくださったことをきっかけに、村のツアーパッケージを紹介するなど小さな工夫でお客さんを集め、マラサリ村ブースは夜まで盛況でした!!

resize1707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、今回展示会にいらしゃったお客さんが実際に来てくれるでしょうか…?

今回の展示会の効果も含めて、次の展示会に向けてパワーアップしたPRができるよう村の人たちと計画していきたいです!