кредит онлайн на карту не выходя из дома

事務局日誌

バングラデシュ・スンダルバンスの天然蜂蜜産業の発展と森林保全を進めています!

外務省の資金提供を受け、2016年2月からスタートした「バングラデシュ・スンダルバンス(ユネスコの世界自然遺産登録)の天然蜂蜜採取人(50世帯)生計向上事業」が着々と前へ進んでいます。

容器や大きさに応じた天然蜂蜜商品が開発され(上記パンフレット)、今年からは、いよいよバングラデシュ国内市場のスーパーマーケット、ホテル、駅やツーリズムスポット等の22箇所で、同国の富裕層やダッカ等に住んでいる外国人を対象に開発された蜂蜜商品を販売しています。

また、テレビ、新聞等のマスメディアを活用したプロモーションを行い、顧客からの蜂蜜商品に対する信頼度の向上や同国の天然蜂蜜産業全体の発展に寄与してけれるよう、蜂蜜産業の関係者と共にその方向性を模索していきたいと考えています。

上記に加え、スンダルバンス(ネスコの世界自然遺産)やその周辺地域の豊かな森を保全することが天然蜂蜜増加につながるため、本事業では地域住民参加型の植林活動を行っています。これまで、天然蜂蜜採取人(50世帯)、中学校43校の生徒(6,7,8年生 : 6,450名(150名/学校)、保護者:6,450名 教員: 43名)が、スンダルバンスと対岸を接する沿岸流域やコミュニティにてマングローブ5000本、マンゴー1075本、グァバ1075本等を植林しました。

天然蜂蜜採取の支援をきっかけとして、地域住民の森を守る心が芽生え、彼らが持続的な自然環境の保全へつなげれるよう、継続的な環境教育活動を実施していきたいと思っています。

文責: 国際事業部 佐藤 秀樹