公害とSDGs~大阪・西淀川の経験から考える~

第1部:事前勉強会:2017年10月7日()~9日(月祝

第2部:公害資料館連携フォーラム in 大阪 :2017年12月16日()~17日(

00010002

 あなたは四大公害病を覚えていますか?きっと水俣病や新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそくを小学校で習ったのではないでしょうか。しかし、多くの人は大阪・西淀川でも大気汚染を中心とした公害問題が起こり、解決に向けて取り組んできたことは知らないかもしれません。

 2015年に国連では「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。「誰一人取り残さない-No one will be left behind」を理念に、開発途上国だけではなく、先進国も持続可能な社会の構築に向けて取り組むことが求められています。特に、課題先進国である日本には様々な課題を解決してきた経験やノウハウを活かして世界をリードしていくことが期待されています。

 「公害とSDGs~大阪・西淀川の経験から考える~」では、全国各地で環境活動に取り組む大学生・大学院生が集まり、SDGs達成に向けて新たなイノベーションを起こしていくイベントです。

 第1部の事前勉強会では、大阪・西淀川への視察やワークショップから環境問題の原点である公害の基本について学びます。そして、参加者とともに「公害について地域の理解を得るためにユースとしてできること」を考えます。

 第2部の公害資料館連携フォーラムでは、各分科会に参加いただき、公害への理解を深めます。また、第1部で学んだことや考えたことをポスターセッションで提案します。

第1部

開催期間

第1部:事前勉強会:2017年10月7日()~9日(月祝

10月7日:オリエンテーション 10月8日:フィールドワーク&講義

10月9日:ワークショップ

テーマ:公害について地域の理解を得るためにユースとしてできること(予定)

第1部講師

宮本憲一さん(滋賀大学名誉教授・大阪市立大学名誉教授)

→除本理史さん(大阪市立大学 大学院経営学研究科 教授)に変更となりました。(8/16追記)

江口健介さん(一般社団法人環境パートナーシップ会議)

林美帆さん(公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)研究員)

栗本知子さん(公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)研究員)

第2部

開催期間

第2部:公害資料館連携フォーラム in 大阪 :2017年12月16日()~17日(

プログラム等の詳細はこちらから ▶ http://kougai.info/forum

※15日(金)のフィールドワークに参加される場合、プログラム費用及び15日の宿泊費用は自己負担となります。

募集人数

5名

参加費

無料

※開催場所までの交通費・期間中の宿泊費が提供されます。なお、期間中の食費は自己負担となります。

※本イベントは第7回大阪マラソンの寄付金によって運営されています。

応募要件 

・大学生、大学院生、専門学校生の方

・日本在住で、日本語での議論が可能な方(国籍は問いません)

・第1部と第2部両方のプログラムに積極的に参加する意志のある方

・第1部と第2部両方のプログラムすべてに参加できる方

応募方法

応募フォーマットの必要事項をすべて記載の上、Eメール(kougai_sdgs@jeef.or.jp)でお送りください。

応募フォーマットはこちらからダウンロードいただけます。

※応募締切:2017年9月4日(月)必着

応募上の注意
・応募者には 9月5日(火)までに、応募受付のメールをお送りします。
・上記の日までに確認メールが届かない場合は、下記の連絡先までお問い合わせください。
・結果は9月13日(水)までに、応募いただいたすべての方に通知します。お送りいただいた個人情報は、本イベントに関する活動(参加者の選考や合否その他の連絡等)の目的に限り、公益社団法人日本環境教育フォーラムのみが使用しイベント終了後は適切に廃棄します。
・第1部及び第2部の宿泊は男女別相部屋となります。
・参加に当たって、本人の同意書(未成年者の方は保護者の方の同意書も必要)の提出をお願いします。
主催

公益社団法人日本環境教育フォーラム

共催

公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)

公害資料館ネットワーク

 

お問合せ先(平日9:30-17:30):

公益社団法人日本環境教育フォーラム(担当:加藤超大 かとう たつひろ)

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階

TEL: 03-5834-2897 E-MAIL: kougai_sdgs@jeef.or.jp