кредит онлайн на карту не выходя из дома

平成30年度 教職員等環境教育・学習推進リーダー養成研修

プログラムデザインコース研修内容

注1)研修の内容は、随時更新します。
注2)研修の参加費は、無料です。
注3)集合場所や研修会場への交通費・昼食代等は、ご負担ください。
注4)行事保険は、運営側でおかけします。
注5)複数のコースにお申し込みできます。
注6)★印の付いた会場は、新宿発着の送迎バスをご用意する予定です。

  ▲印の付いた会場は、JR福山駅発着の送迎バスをご用意する予定です。
   ※送迎バスは、参加者を研修会場までお運びいたします。
   ※利用料金のご負担はありません。

2018年(平成30年)

※終了しました

8月4日(土)
10:00~16:00
阿波座南公園(大阪市西区)
※終了しました
「「子どもも大人も」自然とつながる・人とつながる~阿波座南公園ビオトープでの実践~」

◇ビオトープ・プログラムの体験ガイドツアー
◇話題提供「地域協働で子ども達が学ぶ場を提供する実践」
◇グループワーク「身近な体験の場での活動をデザインする」

※共催:明治地域活動協議会、明治連合振興町会、大阪市立明治小学校

8月18日(土)
13:30~15:30
兵庫県私学会館(兵庫県神戸市)
※終了しました

「乳幼児と自然をつなぐ」

◇自然を生かした保育の事例報告
◇講義「自然を生かした保育環境の必要性と留意点」
・保育におけるビオトープ設置の意義
・ビオトープ設置にあたっての工夫や留意点
・ビオトープ活用の考え方
・安全管理上の視点 など

※共催:公益社団法人兵庫県保育協会、神戸市私立保育園連盟、姫路市保育協会、西宮市私立保育協会、兵庫県私立幼稚園協会

9月13日(木)
石坂産業株式会社
(埼玉県入間郡三芳町)
※終了しました
※「体験の機会の場」研究機構が取り組むプログラム
9月21日(金)
11:00~15:00

貸切バスの予定 
新宿出発:8:00
新宿到着:18:00

サンデンファシリティ株式会社(群馬県前橋市)
※終了しました

「“森の中の工場”での環境教育~サンデンフォレストでの実践より~」

◇オリエンテーション
◇「ものづくり」における環境への取組み(講義、工場見学含む)
◇社員食堂での昼食
◇学校受入れの現場へ(森を学ぶプログラムの体験)
◇ふりかえり

※共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:サンデンファシリティ株式会社

10月2日(火)
11:00~16:00

貸切バスの予定
新宿出発:8:00
新宿到着:19:00

公益財団法人キープ協会
(山梨県北杜市)

※終了しました

「自然と人をつなぐ環境教育基礎講座」

◇オリエンテーション、環境教育施設見学(1)
◇昼食(お弁当持参 or キープ協会内の施設利用)
◇環境教育プログラム体験、環境教育施設見学(2)
◇環境教育概論
◇ふりかえり

※共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:公益財団法人キープ協会

10月13日(土)
11:00~16:00

貸切バスの予定
新宿出発:7:30
新宿到着:19:30

有限会社銚子海洋研究所
(千葉県銚子市)

※終了しました。

「持続可能な地域づくりを考える ~銚子をフィールドとして~」

◇ワークショップ①
・地域の実践者をお呼びします。
・ホエールウォッチング、ジオパーク、地域再生、観光のテーマに分かれて実施します。
◇イルカウォッチング(乗船)
◇屏風ヶ浦ガイドツアー
・ジオパークの体験
◇昼食(お弁当持参)
◇ワークショップ②
・テーマごとに実施します。

※共催:NPO法人PACI 国際海洋自然観察員協会、運営協力:有限会社銚子海洋研究所
※イルカウォッチングは、参加者全員で乗船します。参加者の乗船代は、運営側で負担いたします。

11月9日(金)
10:00~16:00

貸切バスの予定
新宿出発:8:15
新宿到着:17:30

石坂産業株式会社
(埼玉県入間郡三芳町)

※終了しました。

『「体験の機会の場」を通じた環境教育の促進に関する勉強会(東日本開催)』

◇オープニング
・参加者の自己紹介
◇環境教育等促進法「体験の機会の場」から見た環境教育とは?
◇「体験の機会の場」を実際に五感で体験する
◇昼食(お弁当持参)
◇体験した感想及び意見交換
◇「体験の機会の場」の他事例発表
◇ワークショップ
・「体験の機会の場」の多面的な価値について考える
◇振り返り

※共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:石坂産業株式会社

12月13日(木)
10:00~15:00
※JR福山駅から出発するバスの時間は、確認中です。

株式会社オガワエコノス
(広島県府中市)

※終了しました。

「資源循環に取組む企業の環境教育~工場のプログラム実践」

◇オープニング(挨拶、参加者の自己紹介、目的、スケジュール共有)
◇当社の事例紹介「体験の機会の場としての活動紹介」
◇「体験の機会の場」を実際に五感で体験する・・・鵜飼工場見学
◇昼食(地元名物 府中焼き)
◇本山工場見学&解体体験
◇ワークショップ、振り返り

※共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:オガワエコノス株式会社

 

2019年(平成31年)

1月18日(金)
10:00~15:00
※都内から出発するバスの時間は、確認中です。

石坂産業株式会社
(埼玉県入間郡三芳町)

「体験学習とプログラムデザイン~企業が取組む里山の環境教育を事例に~」

◇オリエンテーション
・体験型環境教育の事例紹介
・体験型環境教育のプログラムデザインの留意点
◇体験型環境教育の体験
◇昼食 売店で弁当購入若しくは交流プラザ内
◇ワークショップ
・体験型環境教育プログラムのデザインについて
・デザインの発表 
◇振り返り

※共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:石坂産業株式会社

2月22日(金)
10:00~16:00
※JR福山駅から出発するバスの時間は、確認中です。

株式会社オガワエコノス
(広島県府中市)

『「体験の機会の場」を通じた環境教育の促進に関する勉強会(西日本開催)』

◇オープニング
・参加者の自己紹介
◇環境教育等促進法「体験の機会の場」から見た環境教育とは?
◇「体験の機会の場」を実際に五感で体験する
◇昼食(お弁当持参)
◇体験した感想及び意見交換
◇「体験の機会の場」の他事例発表
◇ワークショップ
・「体験の機会の場」の多面的な価値について考える
◇振り返り

※共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:オガワエコノス株式会社

※「体験の機会の場」研究機構のプログラムは、各施設の担当者が担います。
※「体験の機会の場」研究機構は、こちらをご覧ください。
※11月9日(金)、2月22日(金)の参加対象は、次の通りです。
・認定を取得するメリットや申請に必要な資格要件等を深く知りたい企業・団体・行政のご担当
 者さま
・既に認定を取得し情報交換を希望する企業・団体のご担当者さま
・認定を取得した事業者とイベント企画や連携を深めたい企業・団体・学校・行政のご担当者さ
 ま
・その他、企業の環境教育に関心のある企業・団体・学校・行政の皆さま、学生の皆さま

お問い合わせ先 --------------

研修会運営事務局
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
公益社団法人日本環境教育フォーラム内
【TEL】03-5834-2897  【FAX】03-5834-2898

メールでのお問い合わせ