バングラデシュ・クルナ市のウエイスト・ピッカー(廃棄物回収人)を対象とした廃棄物管理改善プロジェクト

概要

2015年10月から三井物産環境基金の助成を受け、3年間の予定で、バングラデシュ・クルナ市のウエイスト・ピッカー40世帯(有価廃棄物回収人)を支援する活動が始まりました。

本事業は、クルナ市において金属類、ガラス類、紙類等などの有価廃棄物の回収を行っているウエイスト・ピッカーへの社会差別・偏見をなくすための社会的な配慮へのアプローチを重視し、クルナ市における廃棄物管理の改善を行うためのモデルケースの構築を目指して、実施しています。

1

本活動は、現地のパートナー団体であるバングラデシュ環境開発協会(ローカルNGO)の協力を仰ぎながら進めており、3年間の主な活動と期待される成果は、下記の通りです。


3年間の主な活動と期待される成果

1年目

活動
廃棄物管理委員会やウエイスト・ピッカー組合の組織化、ウエイスト・ピッカーを対象とした衛生教育教材の開発・研修の実施など
成果
クルナ市における地域の廃棄物管理の組織基盤が整備され、ウエイスト・ピッカーの衛生意識が向上する。

2年目

活動
ウエイスト・ピッカーを取込んだ小中学校での環境教育・地域の清掃活動、有価廃棄物の流通ルート開拓支援策定など
成果
ウェスト・ピッカーを取込んだ小中学校での環境教育・地域の清掃活動の実施により、地域住民の公衆衛生への視点が改善されると共に、ウエイスト・ピッカーの社会差別をなくすため意識が向上する。また、ウエイスト・ピッカーの有価廃棄物事業の支援策が策定される。

3年目

活動
ウエイスト・ピッカーの有価廃棄物回収実証事業、「コミュニティ廃棄物管理フォーラム」の開催、地域社会の廃棄物管理に関する行動計画指針の作成など
成果
ウエイスト・ピッカーの有価廃棄物回収の実証事業の効果や問題・改善点が抽出され、彼らの活動を市の廃棄物管理計画に取込むための行動計画指針が策定される。

 将来的にはバングラデシュをはじめ、南アジアのウエイスト・ピッカーの社会的配慮に焦点を当てた廃棄物管理の先進事例の一つとして、南アジア諸国への行動指針の一つとなれるよう、本活動を展開していきます。

ウエイスト・ピッカーとの意見交換 ウエイスト・ピッカーとの会議 クルナ廃棄物管理委員会 ごみ最終処分場ウエイスト・ピッカー

皆様へのお願い

ウエイスト・ピッカーへの労働環境改善のために手袋、マスク、長靴、雨合羽(6~9月の雨季)やごみ回収作業後に家庭で使用する石鹸等のご支援のために、ご寄付を頂けるとたいへん助かります。特に、家計を助けるため、子どもが劣悪な環境の下、無防備な状況でごみ拾いをしており、彼らの労働衛生面を改善するための用具が不足しています。

今回、ご紹介させて頂いた活動助成には予算に限りがあるため、ご協力頂けると幸いです。ご支援頂いた寄付金は、ウエイスト・ピッカー協同組合(40世帯)を対象として労働衛生改善ためにご使用させて頂きます。

また、ご支援頂いた寄付金は組合へごみ拾い衛生用具を贈与するだけでなく、衛生教育の開催によりリスク回避を図るための確認を再度行い、今後は組合が定期的に衛生用具を購入・管理する仕組みをつくっていく予定です。どうぞよろしくお願い致します。

 

●事業内容に関するお問合せ・寄付等のご連絡先

公益社団法人日本環境教育フォーラム

〒116-0013東京都荒川区西日暮里5-38-5日能研ビル1階

TEL: 03-5834-2897, FAX: 03-5834-2898

Email : hideki_sato@jeef.or.jp

担当: 佐藤 秀樹

1

ウエイスト・ピッカーの皆さんとの写真