ホーム > 日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)

日中韓環境教育ネットワーク

第13回日中韓環境教育シンポジウム 持続可能な開発のための教育(ESD)最新動向

 環境教育の専門家や実践されている方をお招きし、各国の環境教育及びESDの取り組みについてのシンポジウムを開催いたします。(外国語は同時通訳あり)
 環境教育に関する最新の情報に触れる良い機会です。ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

10月24日(水)[公開シンポジウム](於:仙台ガーデンパレス 2階「鳳凰」)
13:00 開場
13:30 開会挨拶
環境省 総合環境政策局 審議官 鎌形 浩史
宮城県 環境生活部長 本木 隆 氏
13:50 国内外におけるESDの取組
日本の取組
「日本におけるESD の全体動向」
立教大学社会学部教授 阿部 治 氏
「日本におけるESDの具体的な実践の事例紹介」
文部科学省国立教育政策研究所 教育課程研究センター 基礎研究部総括研究官 五島 政一 氏
※他、中国及び韓国の取組を紹介
15:20 休憩(10分)
15:30  パネルディスカッション
16:30  特別講演
「ESDと被災地支援のためのネットワーク〜被災地の経験から〜」
宮城教育大学長 見上 一幸 氏
17:00 閉会

※プログラムは変更する場合がありますので、御了承ください。

対象:環境教育・ESDに関わる方、ご興味のある方
参加費:無料
申込み:御名前、御職業、御連絡先(Eメール、電話番号)を記載の上 までお送りください。 (締切り 10/18)
会場:宮城県仙台市 『仙台ガーデンパレス 2階「鳳凰」』(仙台市宮城野区榴岡四丁目1番5号)
主催:環境省(協力:仙台広域圏ESD・RCE運営委員会、宮城教育大学)


日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)とは

平成12年2月、北京で開催された第2回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM※1)において、「環境共同体意識の向上」を図るための三カ国協力プロジェクトを形成、推進していくことが決定されました。
これを受け、環境教育に関する情報交換を通じて、日中韓の環境教育ネットワークを推進し、ひいては環境共同体意識の向上に資することを目的として、三カ国で「環境教育ネットワーク(TEEN※2)」を構築することが合意されました。
毎年ワークショップとシンポジウムを開催し、環境教育の専門家や教育者、NGO代表などが三カ国から集まり、環境教育のイニシアティブについて活発な議論や意見交換等を行っています。

※1 TEMM:Tripartite Environment Ministers Meeting
※2 TEEN:Tripartite Environmental Education Network

詳細は、以下のページをご覧ください。

環境省 日中韓の環境協力 日中韓三ヵ国環境大臣会合 日本オフィシャルサイト